永山駅[バス停探訪] - 多摩ニュータウン.com

永山駅[バス停探訪]

永山駅

多摩市のニュータウン地区でセンターが発展するまで中心地だった永山。京王線が4.6万人、小田急線が3.1万人の乗降客数を誇る永山駅。バスもかなり充実していて各団地へ向かう路線、桜ヶ丘まで何通りも系統があります。さらにミニバスも東西線、南北線両方に始発駅でさらにブックオフへのシャトルバスも発着します。スクールバスや駅と会社を往復する専用バスもありバスマニアにはたまらないバラエティさで

永山1丁目には「地区センター」として商業・業務・医療・行政サービス等の各施設と、核となる永山駅が存在し、駅前は時間帯を問わずにぎわっている。多摩ニュータウンの第6住区にあたる、駅周辺より南側が新住宅市街地開発法によって整備された新住区域である。北寄りの乞田川までの区域は土地区画整理法によって整備され、地権者の自由な裁量で雑多な施設・建物が建てられている。
江戸時代には乞田村の中に小字上長山、下長山のがあったことが新編武蔵風土記稿に記載されている。明治時代になると、現在の永山の表記が現れる。(Wikipedia)


より大きな地図で Experimental City を表示

永山駅

永山駅

永山駅

永山駅

“永山駅[バス停探訪]”の関連キーワード

update: 2017年1月26日