自然すぎる南大沢 - 多摩ニュータウン.com

自然すぎる南大沢

南大沢の先にある広い広い小山内裏公園には
自然すぎる南大沢の風景が広がります。
整備された展望デッキから見る風景は
どこまで来てしまった?と不安になるほどの自然地帯。
驚きのワープ体験を楽しむことができます。

 

 

 

豪華な展望テラス

 





観察テラスでより近づけます。

 

 

「大田切谷戸」と「大田切池」

この池がある谷は、大田川の源流にあたり、「大田川がきれるところにある谷戸」という意味を持っています。
大田川は、この谷戸に湧き出る湧水を集めて北東に流れ、松木で大栗川と合流し多摩川へそそいでいます。
昭和60年頃、この周辺の宅地造成にともない、大雨の時雨水が一度に川へ出ないようにするため、流れをせき止めて池がつくられました。小山内裏公園の開園にあたって、この池を「大田切池」と呼ぶことにしました。池の中にある枯れた木は、もともと川岸にあったスギの木が水につかり枯れたもので、この池が昔からのものではないことを物語っています。
この谷戸の源流は、本公園の中で最も自然豊かなところで「サンクチュアリ」(動植物保護区)にしていますので許可無く立ち入ることはできません。ご協力お願いいたします。(案内版から)

“自然すぎる南大沢”の関連キーワード

update: 2022年1月28日